要注意!洗顔するときの水の温度は何度ぐらいが良い?

 

 

クレンジングも洗顔もきちんとしているのに、洗顔後にお肌が乾燥してしまう人いませんか?

 

そんな人は、洗顔時の水の温度が関係しているのかもしれません。

 

 

熱いお湯で洗顔をするのはNG?その理由とは

 

皮脂やセラミド、NMFといえばお肌にとっても超重要な保湿成分です。

 

これらの成分が良い具合に残っていなければ、お肌のバリア機能がどんどん低下していきます。

 

ですがこれらの保湿成分達は熱いお湯に弱く、すすぎを熱いお湯でやろうものならゴッソリ流れてしまうんです。

 

流れてしまったことによりバリア機能が低下してしまうと、肌の内部の水分は蒸発し、紫外線などの外部からの刺激からもお肌を守れません。

 

 

こうしたことが続いてしまうと乾燥肌となり、その乾燥肌を補おうと皮脂が過剰分泌されるとオイリー肌になります。

 

これを繰り返すとやがてお肌はボロボロになってしまい、敏感肌を引きおこします。

 

 

敏感肌は肌トラブルの耐えない肌なので、それだけは避けたいですよね。

 

冬場は特に乾燥しやすい上に、お風呂の温度も高く設定しているお宅が多いことでしょう。

 

洗顔の際は、せめて温度を少し下げてみると、お肌の調子が変わってくるかもしれません。

 

 

お肌を乾燥させない最適な水の温度は?

 

洗顔時はお湯の温度を適正にした方が良いと言いましたが、何度くらいが丁度良いのでしょうか。

 

セラミドやNMF、そして皮脂を流しすぎると言われている温度は35度以上と言われています。

 

つまり、35度以下のお湯で顔を洗うのが良さそうですが、肌質によって適正な温度は変わってくるそうです。

 

 

例えば普通肌の人の場合の適正温度は、30度から34度なんだとか。

 

混合肌の人は28度から32度、乾燥肌の人は26度から28度、オイリー肌の人は32度から36度です。

 

 

こうして見ていると、平均温度は32度だということが分かります。

 

ですが、オイリー肌の中には乾燥しているがために、皮脂が過剰分泌されているだけという人がいます。

 

そういった人は乾燥肌の人と同じ温度が適正温度なので、気をつけてください。

 

 

洗顔やクレンジングをする際に肌が傷つかないよう気をつけている人は多いですが、お湯の温度を気にかけている人ってあまりいませんよね。

 

今度からは、お湯の温度にも気をつけて洗顔してみてください。

 

 

美容液のように肌にやさしい!
炭酸泡がメイクを溶かすように落とす
芸能人も多数愛用のクレンジング
今なら半額でお試しできます!
↓↓詳細はこちら↓↓
sugimoto